フリーランスというくくりは大きい

subpage1

フリーランスと言ってもいろいろいあって、会社に属していない働き方をしている人はすべてフリーランスになります。そのため、フリーランスとしてどこかの会社と契約して会社員に近い働き方をしている人もいれば、自宅で個人でやっている人もいます。



個人でやっている人の方が恩恵を受けている感じはするでしょう。

会社員に近い働き方をしている人は、単に仲介料を抜かれるのがいやだから個人で契約しているようなケースがほとんどです。
そして、不安定と言われるのはこの形態の人である場合が多いです。会社に依存はしているのですが、フリーという立場なので、給料は会社員よりも良いのですが、立場は会社員よりも弱いということになります。いつでも契約を切れる存在ですし、いらなくなったら切って必要ならば契約しておくかといった形になります。
このような形態の人は不安定なので、また会社員に戻ろうかと思ったりもします。



しかし、個人で在宅でやっている人などであればまた会社員に戻ろうとはあまり思わないでしょう。

エキサイトニュース情報がさらにわかりやすくなりました。

自分がある程度の努力をしていれば明らかに会社員よりも効率的で、また仕事がなくなるという発想も持たなくなる場合が多いです。


なぜならば、収益の自動化などの方向にステップアップを目指すことが多いためです。
入り口は専門的なプログラミングやいろいろですが、やっているうりに収益を自動化していくことを目指した方が良いのではないのかということに気づいていきます。