フリーランスのタイピングスキル

subpage1

これは会社員も同じかもしれませんが、タイピングが遅かったり打ち間違いが多いと思っている以上に仕事の生産性が落ちます。フリーランスの場合は特にパソコンで文字を多く打つ場合が多いので、これは死活問題になります。

コトバンクに有益な情報の紹介です。

逆にタイピングが速く、楽に打てる場合はぼーっとしていても打てるのでかなり楽です。



打ち間違えてバックスペースを押す頻度が少ないということもストレス軽減には重要です。
ではどのようにタイピングを早くするのかという話になりますが、これに関してはタッチタイピングをやっていくしかないでしょう。

かといってよくある無料のゲームでやっていくのも面倒なので、仕事で文字を打つことを繰り返して早くなっていくということになります。


しかし、ここで重要なのは指の使い方です。

変則的な打ち方でも楽にかなり早い人であればそれでも良いのですが、基本的にはホームポジションに正確に売った方が圧倒的に効率的で楽です。フリーランスの人でこのタイピングが正しい指でやっていない人は最初は多少遅くなったとしてもぜひ矯正した方が良いです。



フリーランスとしての仕事が溜まっているとわざわざ指を直すのも面倒かもしれませんが、長い目で見れば数日の苦労なので絶対に直した方が良いです。


数日というのは、まったくのパソコン初心者に比べればタイピング自体の経験がある分上達も早いです。
癖がついたタイピングのせいで初心者よりもやっかいと思うかもしれませんが、癖は案外すぐに直ります。