フリーランスの価値観

subpage1

フリーランスの価値観というと普通の会社員とさほど変わらない場合が多いですが、多少サービス提供側の目線を持っている場合が多いでしょう。



また、サービス業であればその分野においてはサービス提供側の目線を持っているのは当たり前なのですが、フリーランスの人は社会全体においてサービス提供側の目線を持つ場合が多いです。

これはフリーランスの形態にもよって、専門的な分野でやっている人に関してはこの限りではないです。

しかし、フリーランスのなかでも何かしら収益化できるものはないかという目線で動いている人は、たとえばものの流れでどこにお金が動いているのかを考えたり、広告がどのようなものがあるのかを考えたりするので、必然的にサービス提供目線でいろいろなものを見るようになります。

wikipediaに関するお役立ち情報サイトです。

これが良いことかどうかはなんとも言えませんが、少なくともそういった事実があります。
一般的に見ればなんでも収益目線で見るのでいやらしいということになるのかもしれません。

しかしフリーランスで収益化を考えるならばなるべく広くいろいろなものを収益という感覚で見た方がお得でしょう。どんな形であれ、自分がその中のどこかに入って収益を抜き取ることになるので、知っておくのは良いです。



収益を抜き取るというのは有効な手段で、たとえば商社なども単に人の作ったものと他の人に売っているのとなんらかわりないです。

理念を掲げたりしているから立派なことをしているように感じますが転売です。