フリーランスとフリーターの違い

subpage1

信じられないかもしれませんが、フリーランスとフリーターを混同している人が多いです。そして、明らかに違うだろうと言っている人でも、案外明確な違いを聞かれると答えに困る場合が多いです。



フリーターとフリーランスの違いは雇用契約をどこかと結んでいるかというかです。
フリーランスはもちろんどこかの企業と雇用契約は結んでいません。

会社と契約を結んでいる可能性もありますが、それは雇用契約ではないです。



労働というサービスを提供して、その対価としてお金をもらっている状態です。そしてフリーターは当然非正規の形で会社と契約を結んでいます。
保険などは国民健康保険に加入しているという場合であっても、雇用契約は存在しています。またフリーランスの仕事もしながらアルバイトもしている場合もあるでしょう。

この人がフリーランスなのかフリーターなのかは微妙なところですが、名乗りたい方で名乗れば良いでしょう。基本的に特に自分の労働形態にこだわる必要はなく、何をするかが大切と思っていた方が良いでしょう。

特にこれからの時代はそうです。自己判断をしている人が圧倒的に得をします。

そのためには情報収集して自分がどのような戦略で資金を得るかを考える必要がありますが、ネットで平等に機会を得ることができますし、それさえやれば誰にでも個人でやっていけるチャンスがあるので良い時代です。
逆に会社で何も考えずにやっているとのちのち困る可能性が高いです。



詳しく知りたいなら

subpage2

フリーランスと言ってもいろいろいあって、会社に属していない働き方をしている人はすべてフリーランスになります。そのため、フリーランスとしてどこかの会社と契約して会社員に近い働き方をしている人もいれば、自宅で個人でやっている人もいます。...

more

みんなの常識!

subpage3

これは会社員も同じかもしれませんが、タイピングが遅かったり打ち間違いが多いと思っている以上に仕事の生産性が落ちます。フリーランスの場合は特にパソコンで文字を多く打つ場合が多いので、これは死活問題になります。...

more

学びたい知識

subpage4

フリーランスの価値観というと普通の会社員とさほど変わらない場合が多いですが、多少サービス提供側の目線を持っている場合が多いでしょう。また、サービス業であればその分野においてはサービス提供側の目線を持っているのは当たり前なのですが、フリーランスの人は社会全体においてサービス提供側の目線を持つ場合が多いです。...

more

専門知識

subpage5

はっきり言って、運動不足を慢性化させるというのはまったくもって自己管理ができていないと言えます。時間がないということはなく、一日で数分でも十分です。...

more